効果測定試験

ビーガードタブレットは錠剤タイプで長期保存性に優れ、運搬コストも低く、しかも水道水に溶かすだけで簡単にご使用いただけます。 その除菌・消臭効果は非常に強力でありながら、環境に優しく、人体やペットにも安全です。

more information
ビーガード
タブレット

錠剤タイプで、長期保存性に優れ
水道水に溶かすだけで簡単使用

効果測定試験

一般財団法人 北里環境科学センター、財団法人 日本食品分析センターに依頼して実施いたしました

使用方法


ビーガードタブレットの使用方法と使用上の注意点を説明いたします


抗菌スペクトルは幅広く、次のような、よく問題となる細菌・ウイルスに対して、抜群の効果を発揮します。

<細菌類>
  • 腸管出血性大腸菌 (O-157)
  • サルモネラ菌
  • メチシリン耐性黄色ぶどう球菌
  • 多剤耐性緑膿菌
  • 腸炎ビブリオ菌 など

<ウイルス類>
  • ネコカリシウイルス(ノロウイルス代替)
  • インフルエンザウイルス
  • イヌパルボウイルス など

ビーガードタブレットは、これらの細菌・ウイルスに対し、権威ある第三者機関の効果測定試験により、「検出限界値未満」まで除菌できる効力が証明されています。


ノロウイルスは、ウイルス類の中でも耐性の強いウイルスです。一般的なウイルスの外殻にはエンベロープという脂質膜があり、アルコール(エタノール)消毒剤でも脂質が溶解されて無害化されますが、ノロウイルスにはこのエンベロープがなく、アルコール(エタノール)消毒剤が効きません。 (ノロウイルスは、エンベロープが無くても生きられる強いウイルスです。) 一方、の次亜塩素酸(HClO)は、ノロウイルスの外殻であるカプシド(タンパク質膜)を透過し、内側の遺伝子を直接酸化・破壊して、死滅させます。 なお、イヌパルボウイルスは、非常に耐性の強い強力なウイルスとして知られていますが、そのイヌパルボウイルスに対しても、一度の作用で「検出限界値未満」の効力が証明されています。


効果測定試験につきましては、一般財団法人「北里環境科学センター」、財)日本食品分析センターに依頼して実施しました。効果測定を行った細菌・ウイルスの種類の成績は、下記の通りです。