ビーガードタブレットの
使用方法

ビーガードタブレットは錠剤タイプで長期保存性に優れ、運搬コストも低く、しかも水道水に溶かすだけで簡単にご使用いただけます。 その除菌・消臭効果は非常に強力でありながら、環境に優しく、人体やペットにも安全です。

more information
ビーガード
タブレット

錠剤タイプで、長期保存性に優れ水道水に溶かすだけで簡単使用

効果測定試験

一般財団法人 北里環境科学センター、財団法人 日本食品分析センターに依頼して実施いたしました

使用方法


ビーガードタブレットの使用方法と使用上の注意点を説明いたします


使用方法(次亜塩素酸水の生成)
■一般的な除菌・消臭(有効塩素濃度50ppm)用途でのご使用の場合

ビーガードタブレット1錠を水道水5ℓ(5,000cc)のタンクに投入し、溶かしてお使いください。 塩素濃度100ppmの弱酸性次亜塩素酸水が生成されます。

(注)水道水のpHがアルカリ性(pH=7.3以上)の場合、溶解した直後は、微アルカリ性を示す場合がありますが、 その場合でも、1日程度の経過で弱酸性となります。


ご使用事例に従って、塩素濃度を調整する必要がある場合は、次の通り、希釈方法を変更してください。






使用事例
使用事例
*注意事項
●タブレットを溶解させる専用ボトルは市販の5L缶または当社の専用ボトルをお使いください。
●金属のタンクや金属製の部品などは腐食する場合がありますのでご注意ください。
●ビーガードタブレット1錠は希釈する水の量によって塩素濃度(ppm)を変えることが出来ます。用途に合わせて希釈量を変えてご使用ください。
●当社タブレットは、第三者公的機関で安全性を証明しています。安心してご使用ください。