次亜塩素酸水の
化学的特性

ビーガードタブレットの除菌・消臭成分は、トリクロロイソシアヌル酸ナトリウムが加水分解されて発生する次亜塩素酸(HClO)です。その除菌・消臭効果は非常に強力でありながら、環境に優しく、人体やペットにも安全です。

more information
化学的特性

ビーガードタブレットの除菌・消臭成分は、トリクロロイソシアヌル酸ナトリウムが加水分解されて発生する次亜塩素酸(HClO)です

除菌・消臭
メカニズム

次亜塩素酸の存在割合が高い水溶液は、薄い塩素濃度でも大きな効力

使用方法


ビーガードタブレットの使用方法と使用上の注意点を説明いたします


次亜塩素酸(HClO)の化学的特性と、ビーガードタブレットの除菌・消臭メカニズム

ビーガードタブレットの除菌・消臭作用は、主成分の、トリクロロイソシアヌル酸ナトリウムが加水分解されて発生する次亜塩素酸(HClO)によるものです。 次亜塩素酸(HClO)は、以下のような科学的特性によって、除菌・消臭メカニズムをもたらします。


強力な酸化作用

従来より知られるように、次亜塩素酸(HClO)は強力な酸化作用を持っています。次亜塩素酸(HClO)分子中の塩素原子の酸化数は+1であり、Cl+の電子を吸収する強い力が、他の物質から2個の電子(2e-)を引き抜いてCl-となる過程で、殺菌・消臭などの効果を発揮します。このような、他の物質から電子を引き抜く反応が酸化であり、その強さが酸化力=殺菌・消臭力といえます。これは、実は人間の体内でも生じている殺菌作用と同じものなのです。
<次亜塩素酸分子の酸化作用>
HClO + H+ + 2e- ⇌ Cl- + H2O